品種名
birman
バーマン
ボディタイプ
毛種
血統登録
原産国

バーマンの体型

バーマンのボディタイプはロングアンドサブスタンシャルに分類されます。

ロングアンドサブスタンシャルタイプは胴体や手足が長く筋肉質で体も大きく、猫の体型の中でも一番大きなタイプです。
ロングアンドサブスタンシャルタイプの代表とも言えるノルウェージャンフォレストキャットや、メインクーンなどは成長がゆっくりで、成猫の体型になるまでに2年から4年ほどかかるとされます。
1歳頃までに2kgから3kgになり、更に成長するに連れて3kgから6kgほどと体型が成長していきます。大きくなるものでは、7kgから10kgになる猫もいます。北国の寒い地方で生き抜いてきた猫種が多いとされています。

バーマンの毛

バーマンは長毛種のネコです。

長毛種の魅力はやはり豪華な毛並みです。毛のお手入れとして定期的なブラッシングやトリミングが必要になります。
また、長毛種は穏やかな性格をした子が多いのが特徴です

バーマンの原産国

バーマンの原産国はミャンマーです。

ミャンマーの国旗

ミャンマーは東南アジアに位置する国です。
ミャンマーの寺院では、古くからネズミ退治のためにネコが飼われていました。
現代でも仏教の「動物を大切にせよ」という教えが国民に広まっており、街やお寺ではネコがのんびりと暮らしている様子が見られます。

ミャンマーにはネコの伝説があります。
寺院で飼われていた白いネコが、襲撃を受けた瀕死の僧侶を見守るとき、女神へと姿を変貌させたというエピソードです。
以来ネコは神聖な存在として、大切に扱われています。

バーマンにオススメのキャットフード

第1位 – モグニャン
モグニャン
安全性
  • (5.0)
食いつきの良さ
  • (4.8)
栄養バランス
  • (5.0)
アレルギー
  • (5.0)
コストパフォーマンス
  • (3.8)
第2位 – カナガンキャットフード チキン
安全性
  • (5.0)
食いつきの良さ
  • (5.0)
栄養バランス
  • (5.0)
アレルギー
  • (4.4)
コストパフォーマンス
  • (3.8)
第3位 – ジャガーキャットフード
安全性
  • (0.0)
食いつきの良さ
  • (0.0)
栄養バランス
  • (0.0)
アレルギー
  • (0.0)
コストパフォーマンス
  • (0.0)

バーマンと同じボディタイプのネコ

ボディタイプがロングアンドサブスタンシャルのネコは12種類います。

バーマンと同じ毛種のネコ

長毛種のネコは32種類います。