スフィンクス
品種名
sphynx
スフィンクス
ボディタイプ
毛種
血統登録
原産国

スフィンクスの体型

スフィンクスのボディタイプはセミフォーリンに分類されます。

セミフォーリンはフォーリンに近いですが、より短く丸みを帯びた体型をしています。
フォーリン同様にほっそりとした体つきですが、フォーリンに比べ全体的に短いです。
くさび形の顔つきで、顔に対して耳も小さめで口元(マズル)は短めです。
コビーとオリエンタルのちょうど中間のボディを持っており、やや小さめの細身体型で、セミコビーよりも細長く、フォーリンよりもずっしりとした重みがあります。頭は丸みのある逆三角形です。

スフィンクスの毛

スフィンクスは短毛種のネコです。

短毛種のネコは活発な性格が多く、遊ぶことが大好きな子が多いのが特徴です。
毛が絡まってしまう心配はありませんが毛玉を飲み込んでしまう恐れがあるので定期的なブラッシングをしてあげましょう。

スフィンクスの原産国

スフィンクスの原産国はカナダです。

カナダ

カナダではネコが非常に人気で、全体のうち35%の家庭がネコを飼育しています。
都市部は集合住宅が多いため室内での飼育がメインになりますが、地方では自由に外飼いをする人もいます。

カナダは留学先としても人気なため、飼い猫が留学生から人気を集めることも多いです。
また猫カフェのスタイルも特徴的で、ネコと触れ合うだけでなく、里親探しができる場所も存在します。

カナダでは、ペットショップにおける生体販売が法令で禁止されており、ネコを飼う場合は、動物保護団体やブリーダーから引き取るケースがほとんどになります。

スフィンクスにオススメのキャットフード

第1位 – モグニャン
モグニャン
安全性
  • (5.0)
食いつきの良さ
  • (4.8)
栄養バランス
  • (5.0)
アレルギー
  • (5.0)
コストパフォーマンス
  • (3.8)
第2位 – カナガンキャットフード チキン
安全性
  • (5.0)
食いつきの良さ
  • (5.0)
栄養バランス
  • (5.0)
アレルギー
  • (4.4)
コストパフォーマンス
  • (3.8)
第3位 – ジャガーキャットフード
安全性
  • (0.0)
食いつきの良さ
  • (0.0)
栄養バランス
  • (0.0)
アレルギー
  • (0.0)
コストパフォーマンス
  • (0.0)

スフィンクスの写真

スフィンクス
スフィンクス
スフィンクス
スフィンクス
スフィンクス
スフィンクス

スフィンクスと同じボディタイプのネコ

ボディタイプがセミフォーリンのネコは19種類います。

スフィンクスと同じ毛種のネコ

短毛種のネコは55種類います。