品種名
japanese bobtail
ジャパニーズボブテイル
ボディタイプ
毛種
血統登録
原産国

ジャパニーズボブテイルの体型

ジャパニーズボブテイルのボディタイプはフォーリンに分類されます。

スレンダーながらも筋肉質なフォーリンは、オリエンタルほど細くなく、コビーほど丸くなく、スタイルがよいです。
頭は逆三角形で長い四肢をもちます。暖かい地方に適応し、スレンダーな体型になったことから、南方タイプとも呼ばれます。
フォーリンはスマートな体型で長い脚と胴体を持っています。全体的にほっそりとしており、しっぽは長く先細りしています。
くさび形(V字形)の顔の形をしていて、顔に対して耳は大きめです。口元(マズル)はやや長めです。

ジャパニーズボブテイルの毛

ジャパニーズボブテイルは短毛種長毛種どちらも存在するのネコです。

短毛種のネコは活発な性格が多く、遊ぶことが大好きな子が多いのが特徴です。
毛が絡まってしまう心配はありませんが毛玉を飲み込んでしまう恐れがあるので定期的なブラッシングをしてあげましょう。

長毛種の魅力はやはり豪華な毛並みです。毛のお手入れとして定期的なブラッシングやトリミングが必要になります。
また、長毛種は穏やかな性格をした子が多いのが特徴です

ジャパニーズボブテイルの原産国

ジャパニーズボブテイルの原産国は日本です。

日本

日本のペット飼育率は高くありませんが、ペットの中でネコがもっとも人気です。歴史としては、奈良時代に中国から伝来されたと言われています。

日本では、その国民性からネコを愛する人が多く存在します。
飼い猫だけでなく、野良猫を大事に扱う姿もよく見かけられます。

現在では自宅で飼いやすいネコが人気となり、爆発的な経済効果を生み出しました。その効果は「ネコノミクス」と呼ばれるほどです。
しかし、日本はまだまだペット後進国と呼ばれています。
今後、ペットショップの問題を始めとした法整備が期待されます。

ジャパニーズボブテイルにオススメのキャットフード

第1位 – モグニャン
モグニャン
安全性
  • (5.0)
食いつきの良さ
  • (4.8)
栄養バランス
  • (5.0)
アレルギー
  • (5.0)
コストパフォーマンス
  • (3.8)
第2位 – カナガンキャットフード チキン
安全性
  • (5.0)
食いつきの良さ
  • (5.0)
栄養バランス
  • (5.0)
アレルギー
  • (4.4)
コストパフォーマンス
  • (3.8)
第3位 – ジャガーキャットフード
安全性
  • (0.0)
食いつきの良さ
  • (0.0)
栄養バランス
  • (0.0)
アレルギー
  • (0.0)
コストパフォーマンス
  • (0.0)

ジャパニーズボブテイルと同じボディタイプのネコ

ボディタイプがフォーリンのネコは9種類います。

ジャパニーズボブテイルと同じ毛種のネコ

短毛種のネコ

短毛種のネコは55種類います。

長毛種のネコ

長毛種のネコは32種類います。