ロシアンブルー
品種名
russian
ロシアンブルー
ボディタイプ
毛種
血統登録
原産国

ロシアンブルーの体型

ロシアンブルーのボディタイプはフォーリンに分類されます。

スレンダーながらも筋肉質なフォーリンは、オリエンタルほど細くなく、コビーほど丸くなく、スタイルがよいです。
頭は逆三角形で長い四肢をもちます。暖かい地方に適応し、スレンダーな体型になったことから、南方タイプとも呼ばれます。
フォーリンはスマートな体型で長い脚と胴体を持っています。全体的にほっそりとしており、しっぽは長く先細りしています。
くさび形(V字形)の顔の形をしていて、顔に対して耳は大きめです。口元(マズル)はやや長めです。

ロシアンブルーの毛

ロシアンブルーは短毛種のネコです。

短毛種のネコは活発な性格が多く、遊ぶことが大好きな子が多いのが特徴です。
毛が絡まってしまう心配はありませんが毛玉を飲み込んでしまう恐れがあるので定期的なブラッシングをしてあげましょう。

ロシアンブルーの原産国

ロシアンブルーの原産国はロシア連邦です。

ロシア

ロシアはネコの飼育率で世界トップを誇り、多くの国民に愛されています。
その背景には歴史が深く関係しています。

第2次世界大戦時、ロシアでは伝染病がまん延しましたが、国外からやってきた多くのネコがネズミを駆除することで危機を救いました。
以来ロシアでは、ネコは国を救ったヒーローとして大切に扱われています。

ロシアは寒い地域なため、ネコは屋内で飼われることが多いですが、中には環境に適応し元気に外で遊び回る子もいます。

またロシアではネコにまつわる有名なエピソードも多く存在します。
かのエルミタージュ美術館では、なんと60匹の「ネコ部隊」が館内の護衛についており、世界中に「ロシアはネコ好きの国」と言わしめています。

ロシアンブルーにオススメのキャットフード

第1位 – モグニャン
モグニャン
安全性
  • (5.0)
食いつきの良さ
  • (4.8)
栄養バランス
  • (5.0)
アレルギー
  • (5.0)
コストパフォーマンス
  • (3.8)
第2位 – カナガンキャットフード チキン
安全性
  • (5.0)
食いつきの良さ
  • (5.0)
栄養バランス
  • (5.0)
アレルギー
  • (4.4)
コストパフォーマンス
  • (3.8)
第3位 – ジャガーキャットフード
安全性
  • (0.0)
食いつきの良さ
  • (0.0)
栄養バランス
  • (0.0)
アレルギー
  • (0.0)
コストパフォーマンス
  • (0.0)

ロシアンブルーの写真

ロシアンブルー
ロシアンブルー

ロシアンブルーと同じボディタイプのネコ

ボディタイプがフォーリンのネコは9種類います。

ロシアンブルーと同じ毛種のネコ

短毛種のネコは55種類います。