品種名
highlander
ハイランダー
ボディタイプ
毛種
血統登録
原産国

ハイランダーの体型

ハイランダーのボディタイプはロングアンドサブスタンシャルに分類されます。

ロングアンドサブスタンシャルタイプは胴体や手足が長く筋肉質で体も大きく、猫の体型の中でも一番大きなタイプです。
ロングアンドサブスタンシャルタイプの代表とも言えるノルウェージャンフォレストキャットや、メインクーンなどは成長がゆっくりで、成猫の体型になるまでに2年から4年ほどかかるとされます。
1歳頃までに2kgから3kgになり、更に成長するに連れて3kgから6kgほどと体型が成長していきます。大きくなるものでは、7kgから10kgになる猫もいます。北国の寒い地方で生き抜いてきた猫種が多いとされています。

ハイランダーの毛

ハイランダーは短毛種長毛種どちらも存在するのネコです。

短毛種のネコは活発な性格が多く、遊ぶことが大好きな子が多いのが特徴です。
毛が絡まってしまう心配はありませんが毛玉を飲み込んでしまう恐れがあるので定期的なブラッシングをしてあげましょう。

長毛種の魅力はやはり豪華な毛並みです。毛のお手入れとして定期的なブラッシングやトリミングが必要になります。
また、長毛種は穏やかな性格をした子が多いのが特徴です

ハイランダーの原産国

ハイランダーの原産国はアメリカ合衆国です。

アメリカ合衆国の国旗

アメリカ合衆国はペットの市場規模が世界一で、全体の30%以上の家庭でネコが飼育されています。
17世紀にイギリス人がアメリカへ上陸した際、多くのネコが大陸へ移り住み、現在に続くネコの子孫が誕生しました。

アメリカでは「ペットはパートナー」という考えがあり、国民の多くがネコの食事管理や健康を意識しています。
また動物愛護の意識も高く、地域の保護施設や愛護協会など、多くの団体が里親募集を行い、野良猫・捨て猫の保護を行っています。

ハイランダーにオススメのキャットフード

第1位 – モグニャン
モグニャン
安全性
  • (5.0)
食いつきの良さ
  • (4.8)
栄養バランス
  • (5.0)
アレルギー
  • (5.0)
コストパフォーマンス
  • (3.8)
第2位 – カナガンキャットフード チキン
安全性
  • (5.0)
食いつきの良さ
  • (5.0)
栄養バランス
  • (5.0)
アレルギー
  • (4.4)
コストパフォーマンス
  • (3.8)
第3位 – ジャガーキャットフード
安全性
  • (0.0)
食いつきの良さ
  • (0.0)
栄養バランス
  • (0.0)
アレルギー
  • (0.0)
コストパフォーマンス
  • (0.0)

ハイランダーと同じボディタイプのネコ

ボディタイプがロングアンドサブスタンシャルのネコは12種類います。

ハイランダーと同じ毛種のネコ

短毛種のネコ

短毛種のネコは55種類います。

長毛種のネコ

長毛種のネコは32種類います。