品種名
kurilian bobtail
クリリアンボブテイル
ボディタイプ
毛種
血統登録
原産国

クリリアンボブテイルの体型

クリリアンボブテイルのボディタイプはセミコビーに分類されます。

全体的にコビーに近いですが、四肢や胴体、尻尾がやや長いのが特徴です。
丸くて大きな目としっかりとしたあごを持っています。前足と後足は丸みがありますがコビーよりは小さめであると言えるでしょう。
セミコビーはコビーに近い体型ですがより体が長めになります。コビーよりも四肢や体、しっぽが少し長めです。
コビー同様にコンパクトな体つきで全体的に丸々としていますが、よりがっしりとしています。

クリリアンボブテイルの毛

クリリアンボブテイルは短毛種長毛種どちらも存在するのネコです。

短毛種のネコは活発な性格が多く、遊ぶことが大好きな子が多いのが特徴です。
毛が絡まってしまう心配はありませんが毛玉を飲み込んでしまう恐れがあるので定期的なブラッシングをしてあげましょう。

長毛種の魅力はやはり豪華な毛並みです。毛のお手入れとして定期的なブラッシングやトリミングが必要になります。
また、長毛種は穏やかな性格をした子が多いのが特徴です

クリリアンボブテイルの原産国

クリリアンボブテイルの原産国はロシア連邦です。

ロシア

ロシアはネコの飼育率で世界トップを誇り、多くの国民に愛されています。
その背景には歴史が深く関係しています。

第2次世界大戦時、ロシアでは伝染病がまん延しましたが、国外からやってきた多くのネコがネズミを駆除することで危機を救いました。
以来ロシアでは、ネコは国を救ったヒーローとして大切に扱われています。

ロシアは寒い地域なため、ネコは屋内で飼われることが多いですが、中には環境に適応し元気に外で遊び回る子もいます。

またロシアではネコにまつわる有名なエピソードも多く存在します。
かのエルミタージュ美術館では、なんと60匹の「ネコ部隊」が館内の護衛についており、世界中に「ロシアはネコ好きの国」と言わしめています。

クリリアンボブテイルにオススメのキャットフード

第1位 – モグニャン
モグニャン
安全性
  • (5.0)
食いつきの良さ
  • (4.8)
栄養バランス
  • (5.0)
アレルギー
  • (5.0)
コストパフォーマンス
  • (3.8)
第2位 – カナガンキャットフード チキン
安全性
  • (5.0)
食いつきの良さ
  • (5.0)
栄養バランス
  • (5.0)
アレルギー
  • (4.4)
コストパフォーマンス
  • (3.8)
第3位 – ジャガーキャットフード
安全性
  • (0.0)
食いつきの良さ
  • (0.0)
栄養バランス
  • (0.0)
アレルギー
  • (0.0)
コストパフォーマンス
  • (0.0)

クリリアンボブテイルと同じボディタイプのネコ

ボディタイプがセミコビーのネコは14種類います。

クリリアンボブテイルと同じ毛種のネコ

短毛種のネコ

短毛種のネコは55種類います。

長毛種のネコ

長毛種のネコは32種類います。